« ヨガWS無料モニター急募 | トップページ | 11/15宅ヨガプラクティス »

11/15宅ヨガ・根っこのチャクラ

今日はとってもあたたかかったグッド(上向き矢印)
昨日といい今日といいすがすがしい朝で、あたしはホントに救われました。

月曜日からアヌサラヨガの創始者 ジョンフレンド氏のTTに参加しています。
今回は先生になるためのトレーニングではなく、現在先生として活躍している人たちがより良い先生になるためのトレーニングという位置づけで、世界各国からアヌサラヨガを勉強している仲間たちがジョンフレンド氏ともに参加しています。
英語拒絶症のあたしにとっては、さぞや過酷なトレーニングになるだろうとある程度の覚悟はしていたのですがあせあせ(飛び散る汗)
最初はどきどきっ。
でも、通訳に入ってくださった先生が本当にすばらしく、ほとんど不満なく過ごしています。
台湾から来ている子と仲良くなりました。
あたしの幼稚園児以下のつたない英語と日本語がごちゃまぜになった単語だけでなんとかコミュニケーションをとっています。
案外伝わっていて楽しいです。

今回は前回参加した合宿スタイルのようにヨガだけに没頭しているのではなく、
子供たちのご飯の用意や通勤ラッシュの波にもまれる一日のスタートで
本当にしんどいのだけれど、青い空が応援してくれています。

日常生活とのバランスをとりながら、ヨガをいつも以上に強く意識する。
満員電車で押しつぶされながら考える。
このせまいスペースにこれだけたくさんの人間が同じように押しつぶされたり、足を踏まれたりしながら、それぞれの目的地に向かって進んでいるんだなぁ。と。
人身事故があって電車は大幅に遅れていました。
私や一緒に電車に乗っていた人たちは、予期せぬトラブルで辟易していたけれど、そんな時間の中でも小さな喜びや思いやり、楽しい気持ちを持てるようになれたらいいと思う。
きっと、どっしりと安定していて、つまらぬことに揺るがない強さがあれば、ゆとりが生まれそのゆとりは楽しいことや嬉しいことをみつける目や、優しい気持ちを導き出してくれるにちがいない。

よ~し、明日も頑張ろう&楽しもうるんるん

明日は木曜日♪

一緒にヨガをしましょうぴかぴか(新しい)
メニュー送ります。

ウォーミングアップとフォローのポーズはこちらを参考に。

今日のテーマは『根っこのチャクラ』

下半身がどっしりとすわり安定した状態を作り出せれば、精神状態もゆるがないものになってきます。
それが本来備わったカラダとココロのつながり。関係性です。
だからただ、その状態に戻してあげればいいだけ。

まずは座って。軽く目を閉じて。肺の動きに意識を向けて。
吸われていく酸素とともにだんだんと大きくなる肺。どのくらいの大きさになりましたか?
鼻の奥からもれるように息が吐き出されていきます。いつまで吐き出されるのでしょう。
その様子をただみているだけ。

両手を胸の前で合わせて。

自分に、みんなに、『よろしくお願いします。』

メインポーズ
ヴィラバドラー1
②ヴィラバドラー2
W2 両足を力強く左右に開きまずは足の中心線(足首の中心と人差し指をつなぐ線)を平衡にします。
右足を外側に開き左足と垂直にします。
吐きながら骨盤を両足の中央に下ろすように右膝を右くるぶしの上に来るまでまげます。
両手を骨盤にあて右の骨盤と左の骨盤の高さをそろえます。ここまでがとても重要。
両手を胸の中心から両足と同じ方向にのまします。
首をやさしくのばして。胸の中心をやわらかく。呼吸を繰り返して。
③トリコーナ
T1 吸いながら曲げた膝を伸ばして、両足を強くします。足裏を強くして親指の付け根、かかとの内側、小指の付け根、かかとの外側をしっかり、着地面に。
尾骨とつむじを遠くに引き離して、腰を伸ばしたまま、ゆっくり横に状態を倒していきます。右の体側と左の体側が同じ長さのまま倒していきます。
自分の柔軟性とよく相談しながら。腰が曲がってしまったらストップ。
イージーポーズでキープしましょう。呼吸を繰り返して。

では、明日。ってもう0時回ってしまった。
では、今夜。

|

« ヨガWS無料モニター急募 | トップページ | 11/15宅ヨガプラクティス »

LET'S宅ヨガプラクティス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484857/8923848

この記事へのトラックバック一覧です: 11/15宅ヨガ・根っこのチャクラ:

« ヨガWS無料モニター急募 | トップページ | 11/15宅ヨガプラクティス »